美コラム

お肌やからだ、ライフスタイルについてお届けします。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. しみ
  4. 下地のUV機能と日焼け止めの違い

下地のUV機能と日焼け止めの違い

ファンデーションや下地にUV効果がある商品が多い中、お顔に日焼け止めは付けていますか?

実は、日焼け止めと下地はそれぞれ役割が違い、塗り方も異なります。2つの商品の違いをご説明いたします。日々のお手入れの参考にしてみてください。

・下地の効果

下地はメイク持ちをよくし、肌色・ムラ・凹凸を整える効果を考えて作られたものです。お肌の表面を滑らかにしてファンデーションとの密着力を向上させます。UVカット効果の高い下地もありますが、それぞれ役割が異なるので、紫外線が強い時期は、日焼け止めも取り入れるのがおすすめです。

・顔用とカラダ用の日焼け止めって何が違い

顔の皮膚はカラダに比べると薄くデリケートで皮脂腺も多く、凹凸や毛穴につまってしまう事があります。つまりがトラブルの原因になる事もあります。顔用の日焼け止めは、保湿や美白などのスキンケア効果があり、毛穴をつまらせない効果や肌がなめらかに見えるメーキャップ要素が含まれています。

からだ用は多少の刺激があっても、紫外線防止効果が高いものが多いです。ウォータープルーフ効果があるものは、専用クレンジング必要になる商品もあります。近年ではカラーコントロールや清涼感にこだわった商品も人気です。

・日焼け止めの効果

日焼け止めは紫外線カットを第一に考えて作られたものです。紫外線による、火傷やシミ・ソバカス・シワなどから肌を守る働きをします。顔に日焼け止めを塗る場合、ファンデーションを塗布するとお化粧が崩れてしまうため塗り直しが難しいです。その場合はスプレータイプのものを使用するのがおすすめです。

日焼け止めをこまめに塗りなおして、紫外線に負けないお肌を一緒に作りませんか?

関連記事