ヒト幹細胞培養液

そもそも幹細胞って、どんな細胞なの?

たった一つの細胞・受精卵から、私達の体は作られます。その間に受精卵は様々な種類の細胞に分化します。細胞が他の種類の細胞に姿を変える能力を分化能と言いますが、成人した私達の細胞の多くには分化能はありません。皮膚の細胞は皮膚の細胞に、筋肉の細胞は筋肉の細胞に、私達の細胞は同じ細胞として増殖することしかできません。そんな細胞の中で、ごく一部だけ分化能を持っている細胞があります。それが幹細胞と呼ばれる細胞です。

幹細胞培養液の中には何が入っているの?

幹細胞は普段は何もしない細胞ですが、体にトラブルが起きると自らが分化してトラブルを解決する細胞に変わることができます。その働き以外にもトラブルを解決しなさいという指令を他の細胞に出すこともできます。このトラブルを解決しなさいという指令は主にタンパク質やペプチドという物質として分泌されます。アクティバートに含まれている幹細胞培養液には、こうしたタンパク質やペプチドが豊富に含まれています。これらの成分が化粧品として大変に重要な成分となります。

アクティバート採用原料は、他の幹細胞培養液と何が違うの?

幹細胞培養液は、私達の体から取り出した幹細胞を培養液の中で一定期間培養した後、培養液の中から幹細胞を取り出したものです。そのため幹細胞培養液の中には、幹細胞は含まれていません。幹細胞が分泌した成分のみが含まれています。ただ普通に培養していても、幹細胞はトラブルを解決するための成分を分泌してはくれません。そのため培養中の幹細胞に対して、トラブルが起きていると思わせる刺激を与えます。この刺激にはいろいろなものがありますが、アクティバートに含まれている幹細胞培養液で最も特徴的な刺激は、ローリングボトル法という培養方法です。普通は平たい容器で平和に培養される幹細胞ですが、アクティバートの原料に使われる幹細胞培養液を作る幹細胞は、グルグル回るボトルの中で培養されます。この刺激によって幹細胞は大きなトラブルが起きていると勘違いして、美容に必要な成分を普通の培養法と比べて10倍も分泌します。

幹細胞培養液のカギは「エクソソーム」

アクティバートの幹細胞培養液に含まれる成分で近年注目されているのが、エクソソームです。エクソソームは他の成分と比べると、多くの指令を一度に確実に運ぶことができるカプセルのような成分です。エクソソームも他の成分と同様に、ローリングボトル法という特殊な培養方法によって、普通に培養されるときより10倍も多く分泌されます。その他の美容成分も普通の幹細胞培養液の10倍ですから、エクソソームと合わせれば、トラブルを解決する力は10倍以上です。アクティバートに含まれているヒト幹細胞順化培養液にはこんな秘密が隠されているのです。


藤田 英人

アクティバートの採用原料会社の原料担当。
『ヒト幹細胞培養液』に精通しており、講習会や勉強会などで多数講演しています。
アクティバートオンライン新商品発表会でもご協力いただきました。